人気ブログランキング |

主に、ロックマンエグゼの事が中心です。最近はそのほかのゲームやTVの事もあります byシード
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
ブライSX撃破!!
タイトルがもうネタバレ的オーラを放っているのですぐに隠します。



分かる人には分かると思いますが、本当に最後の敵、ブライSXを撃破しました。
こいつ、何が面倒って戦うためにいちいちラ・ムーXaを倒して、さらに長い長いエンディングまで見なければいけないのです。つまり、挑戦は慎重にしなければいけないということです。しかも、敵は最強級で下手に挑んでも返り討ちにされることも多々あります。負けたらラ・ムーXaからやり直し。直前セーブは不可能。フォルダ再構築は可能。ただ、ラ・ムーXaとフォルダを分けるなら、その度組みなおすことになります。フォルダ1と2で分けていれば装備するだけで変えられますが、同じカードを使いたい場合リュックのカードの数に気をつけましょうね。特にギガカードは2枚もてないので移す必要があります。気をつけましょう。また、ロックマンHPの回復はされます。こんなに時間かけて回復さえされなかったら本当に最悪。そうでなくて良かったですね。
それにしてもはっきりいってかなり嫌な仕様。このせいで無駄に時間をかけてしまいました。多くの人が同じ思いをしているでしょう。
しかし、クリアしたあかつきには特別な真のエンディングが見られ、じげんのハザマ2にてファーストオーラ/250を手に入れることが出来ます。あの強敵を倒して手に入れるだけあって、他のオンリーワンパーツと違い、消費量が250と比較的少なめなパーツです。これで得る効果が大きいか小さいかは使う人自身が決めてください。


強敵だからこそ、専用フォルダを用意しました。公開してもいいんですが、正直あまり有効ではありません。倒せなければ、専用対策フォルダで意識したポイントを公開するので、それを参考に自力で作ってみてください。

そのポイントというのですが、まず相手は今までのブライと違いスーパーアーマーを装備しているため、麻痺を使うことが重要となります。基本的に前の方に出てきて4連続攻撃をするのでそこで列をずらしてエレキスラッシュを使うと、ダメージを与えて麻痺もさせられるので追撃が決まります。マヒプラスも3枚あるといいでしょう。パラライズパネルも使えます。そこで、そのパラライズパネルを使った戦法をひとつ紹介します。
まず、パラライズステージを敷いておきます。普通にこれで麻痺させても追撃が決まるので、いいのですが今回は別の使い方です。適当な攻撃をして麻痺させて、1マスだけノーマルパネルに戻したところでシルバーメテオ。メテオ9発がすべてそのパネルに着弾して、かなりのダメージが期待できます。相手はスーパーアーマー装備なのでマヒプラスがあると確実に決まります。スターカードがあれば威力も上がるので一番都合がいいのですが、シルバーメテオ☆3なんてめったに手に入らないので機会は少ないでしょう。ダイナソー版ならノーマル+50というカードもあるので、威力を底上げすることが出来ます。アタック+10もありますが、あげられるのは90と微々たる物なので個人の趣味ですね。
麻痺という点では、ジェミニ・スパークSPも有効な手段です。ただ、あの目の前に来て4連続攻撃の時は2発当てることが出来ないので、それ以外の攻撃で奥の方にいるときに使うといいです。メガクラスなので威力も高いですし、麻痺も狙えます。1発目にはブレイク性能もあるので先に凍結させておいたり、普通に泡で包んでおくと威力が上がります。
同じ電気属性のメガクラスとして、エンプティーがあります。パネルをパラライズパネルにすることが出来るというおまけ付ですが、相手の素早い動きと技の攻撃範囲の関係上、当てられる機会が限られる事がデメリットです。

麻痺を使った攻撃手段を得たら、次は大ダメージを狙います。麻痺の攻撃を含むので電気属性が多くなると思うので、コンボとしては泡に包んで電気で一閃するという方法が有効です。キャンサー・バブル系なら暗転もするので当てやすいです。そこから電気系に繋ぐのは基本です。ただし、多段ヒットのホタルゲリ、ボルティックアイはあまり向きません。電気を使う以上、ベルセルク版が有効でしょう。ただ、普段フォルダに組み込んでいるコンボの方がしっくりきて、使いやすいという人もいると思うので、要は勝てればいいので自分にあったダメージ源を作っておいてください。
あと、出来る人はトライブキングになるだけで大きく変わります。なんてったって2倍ですから。出来るだけトライブキングになりやすい状況を作ってから挑むと勝率は格段に上がるでしょう。

とりあえずこれぐらいでしょうか。一部実践していないものも含まれますので机上の空論っぽいものもあるかもしれません。そこら辺も含めて、利用は自己責任でお願いします。大体は使ってると思うのですが。

ちなみに、多分10敗近くしてようやく勝ちました。何回かHPを600ぐらいまで持ってったりしたことはあったのですが、剣を持ってから格段に強くなる。後で気づいたけど適当にシールド張れば全部防げたりするんですね。最後、トライブキングの最終ターンでエンプティーマジックにノーマル+50をつけて勝ちました。与えるダメージ自体は少し余裕があったのですが、自分のHPには余裕が無い。残り1で何とか耐えて、炸裂させました。
素早い攻撃に対していかに的確に回避し、相手の隙に上手く技を決めるかが勝負のカギですね。忘れていましたが、攻撃時以外は電波障壁を張っています。一応電波障壁をはがすことは可能ですが、パネルを移動すると?復活します。簡単なのは、攻撃前後の隙を突くことです。

以上、ブライSX対戦報告記と簡易攻略方などです。あまり便利でもなく、当てにもならないですがまあ参考程度にもなればなぁと思っています。
by greenseeds | 2008-01-15 22:17 | 流星のロックマン
<< ローテンション テスト返却 >>